ネイリストになるには@フリーランスのネイリストに就職した場合

 

ネイルサロンで数年経験を経て、次のステップアップとしてフリーランスのネイリストになる人もいます。

 

様々なシーンでネイル施術をする機会もあるので、数年経験を経てアクティブに活躍したい向いている働き方です。

 

フリーランスのネイリストに就職する場合どういった仕事内容や給料詳細を説明します。

フリーランスのネイリストに就職するとどういった場所で仕事をするのか?
フリーランスのネイリストに就職するというのは、企業や個人と契約して仕事をするやり方になります。
  • 臨時でネイルサロンにヘルプに入る。
  • ヘアサロン内でメニューに出しているネイル施術の予約が入った時に応じて出勤をする。
  • ブライダル・撮影場で撮影に参加する。
  • 美容系・企業系のイベントに参加してネイル施術を行う

ネイリストになるには,ネイリスト 転職 出張ネイル(介護ネイル・福祉ネイル等)

フリーランスのネイリストの雇用形態は?
フリーランスのネイリストは言わば『派遣』や『個人契約』になるので、いわば出来高制・働いた分だけ自分自身の収入になるのです。

 

ネイリストとして露出する機会が増えるので、スカウト等チャンスがあるのでネイルサロンで働くより自由に仕事が出来ます。

 

ネイリストになるには,ネイリスト 転職フリーランスのネイリストに就職した場合のメリットデメリット

 

メリットは出来高制と言うことで、頑張れば頑張る程収入が増えたりネイリストとしての活躍の場が広がったりするのでアクティブな活動をしたいネイリストにはオススメの働き方です。

 

収入もネイルサロンで働くより上がる場合もあるので、やりがいはあります。

 

デメリットは企業でネイルサロンで仕事をするのと違うのは福利厚生がなく、税金対策等も自身でやらないといけなかったり普段しないといけない雑務が出てくるのでネイル施術以外の作業もしないといけません。

 

例えネイル関連の派遣会社に登録している会社の仕事が廻ってこなかったりするので、収入的に安定はしない時期もあるのでネイリストとしての収入を安定させたいという人にはフリーランスのネイリストはオススメできませんのでご注意してください。

関連ページ

地方のネイルサロン求人の探し方
都心部だと問題ないのだけど…一番の問題は『地方での求人を探すこと』とても難しいことなんです。
ネイルスクール卒業後|就職先の分岐点は無数にある
ネイルサロン以外の就職先は意外と良く分からない点が多いものです。そこでどういったものがあるのか分類して考えてみましょう。
ネイルサロンに就職した場合
【ネイルスクール卒業後の進路その1】ネイル業界の一般的な就職先として知られているネイルサロン。ネイルサロンにも様々な形態があり、大きなところになると福利厚生もしっかりしている場合もあります。
独立開業してネイルサロンのオーナーになった場合
【ネイルスクール卒業後の進路その3】何処にも属さない自分のお店を持つという独立開業。施術メニューから経営面まですべてしないといけないところもありますが、やりがいがあります。