ネイリスト・資格なしで就職した場合の苦労とは?

 

ネイリストに関して言えば、美容師の様に『国家資格を所有しないと出来ない』訳では無く、法的に定められた資格は決まっていないので資格なしでもネイルサロンに就職をし、実際にネイリストとして働くことも可能なのです。

 

しかし現在ネイリストになる場合一般的にネイルスクールに通って技術を身に付け、資格取得をしてから就職するのが当たり前になりつつあります。

技能職とは言えネイリストは簡単そうに見えて一朝一夕で出来る程甘い職業ではないのです。

 

『資格なしでも仕事が出来るし、実務経験さえ積めば給料も技術も向上していくから大丈夫』という考えは通用しません。

 

 

 

その理由を考えてみましょう。

ネイリストになると考えた時何故ネイルスクールに通って勉強しようと思うのでしょうか?

 

それは資格なしで就職をし実務経験を積みながら勉強をする負担を軽減したいという考え方もあります。

時間のある時にしっかり勉強をしていれば実際の現場に出ても予習をしているので仕事に関する飲み込みは資格なしの人より早いです。

 

それに未経験・無資格でネイリストになったとしてもすぐお客様の施術を行える訳ではありません。

セルフネイルをする訳では無くお客様の爪に施術をするので下手をすれば健康被害で訴えられたりサロンの評判を落としかねない状況にも発展します。

 

 

お客様はお金と言う対価を支払い施術を依頼し自身の満足する・納得するものを得ようとしているので未経験者だからと言って甘く見てくれません。
それだけ就職する前の勉強がいかに大事か思い知らされるのです。

 

勉強するなら基礎をしっかり把握し、自分に誇れるネイリストになりたいと誰しも目指していることを常に思って下さい。

 

↓最短でネイリストになるには?資料請求一括サイトはコチラをクリック!サイトが開きます↓